もう一度浜辺へ行く>浜へ出る>協力する(山のお堂を見た)

「もちろん協力するよな、たっくん」

凛とした声が言った。いつのまにか如月叔母が浜辺の道に立っていた。

「叔母さん、どうしてここへ」

「あなたは……」

僕と霞の声が重なる。
その先で、叔母はかけていたサングラスをはずし、咥えタバコをくゆらせながら言った。

「霞、久しぶりだな。私にもあなたの姿が見えると言うことは、十年前の始末をつけさせてくれるってことだろ?」

「私には……そんなつもりは……」

霞の目はわずかに泳いでいる。
神さまにも動揺や予期せぬことがあるのだ。

「あなたになくても私にはあるんだ。十年前、絵里と約束した。必ずいつか、封じてやるって」

如月叔母の目は真剣だった。
霞は口元をぎゅっと結ぶと、うなずいた。

「わかりました。……琢馬君」

今まで見た中で一番厳しい表情をした霞は、僕に深い黒の瞳をあてる。

「徹郎君が大禍山津見神に操られている。あなたもかつての如月さんのように、親友のため命を懸けられるかしら」

「やるよ」

叔母は僕のあこがれだった。その叔母と同じ立場に立ったのだ。答えは一つだった。
もう一度霞はうなずく。黒髪が光の輪を波打たせてさざめいた。

「車はあっちだよ」

叔母はそう言って、少し霞を見つめた。
神さまが車に乗るのかと考えているらしい。


>>車へ
[PR]
# by sillin | 2005-07-04 16:16