徹郎の家>次へ(徹郎とここへきた)

「徹郎……」

僕はまだ理解できない。
目の前の少女は確かに徹郎とよく似ていた。
ひたすらに怖い。震える声で後ろの徹郎に話しかける。

「なあ、姉さんが失踪したなんて嘘っぱちじゃないか。なあ?」

「姉ちゃんは戻ってきたんだ。そのままの姿でな。もう俺は離さない。姉ちゃんを奪おうとする奴は全部――」

何を言ってるんだ。
誰も、特に僕なんか徹郎から姉を奪おうなんて思っていない。
二人で幸せに暮らしたらいいじゃないか。
僕のいないところでそうしてくれ。

びゅっと空気を裂いて、ショートカットの少女の腕が縦に振られた。
蛍光灯の明かりが壁に刻み付けるその影は、巨大な鉤爪を生やしている。
その鉤爪が僕の影に沈みこみ――僕の腹部は気味の悪い音と衝撃を発した。

「全部食われるんだ!あははははは!」

徹郎の笑い声は正気の沙汰じゃない。
逃げないと。
僕はようやくその考えに至って、一歩進もうとした。

ずるり。

鳥肌の立つような感覚が、僕に下を向かせた。
落雷を受けた木のように切り裂かれた僕の服は、血みどろに染まっている。
その下に、見たことも無い脂ぎった白いものが蠢いて、床へ垂れ下がろうとしていた。
思わず手を触れる。
驚くほど熱くて太い、これは僕の……腸だ。内臓だ。

「――――!!」

絶叫は声にならない。
息も出来ない。
どうしよう。逃げなければ。
入り口の隣に大きな姿見があった。
自分の足で立っていると思い込んでいた僕は、徹郎に羽交い絞めにされてぶら下がっているだけだと知る。
鏡に映った僕の眼は、まるで死んだ魚のようだ。

「姉ちゃん、こいつの生き胆はうまいぞ」

狂ってる。どいつもこいつも。
徹郎もこの女も僕も世界中のみんなイカれてる。

僕の前に跪いた少女が、僕の内臓へ顔を突っ込んだ。
むしゃむしゃと言う音が聞こえてきても、僕はだらしなく口を開いたままだった。


――絵里・大禍山津見神・エンド2

>>スタートへ
[PR]
# by sillin | 2005-07-04 11:49